天野寛子フリー刺繍アトリエ (旧 家族福祉・生活文化研究所)

天野寛子フリー刺繍アトリエ (旧 家族福祉・生活文化研究所)

家族福祉・生活文化研究所」の所員たちもそれぞれに研究者として自立し、超多忙な生活を送っています。研究所としてサポートする役割は終了しましたので、研究所としては終了し、「天野寛子フリー刺繍アトリエ」としての活動を中心にしていくことにしました。

私自身は、2016年度で学会活動から離れたのですが、日本人の生活、生活文化には関心を持ち続けています。東日本大震災のシリーズ作品はもちろんですが、フリー刺繍画は、生活・生活文化研究の「論文とは別の表現の形」であると思って制作しています。